2009年7月8日水曜日

はるちゃん、激変!

昨日うちのミニチュアブルテリアのはるるんと某大学の獣医学部に行ってきました。

片道電車で1時間。
はるはキャリーケージの中で割とおとなしくしてくれていたので、案外大丈夫だったけど、
途中電車の音にびっくりしたのか泣き始めたときはちょっと焦りましたわ。

いつもならお昼寝の時間だったけど、さすがに慣れない電車の中じゃぁ寝れなかったようで、目的地に着くまで、しっかり仁王立ちしとりました。

実ははるちゃんはとってもやんちゃな性格なわんこです。

ブルテリアと言えば、昔はイギリスで闘犬の為に交配して誕生したっちゅう犬種なので、ミニチュアのパピーといえども、とっても強い顎を持っててガブッとやられるとかなり痛いのであります。

うちにきてそろそろ1ヶ月なんですが、毎日噛み癖とトイレトレーニングに私は格闘しておりました。

でも家族に中では怖い存在だったのか私にはそれほどやんちゃぶりは酷くなくて、抱っこしてもおとなしく抱かれとるし、そのうち何とかなるやろ‥‥とか、安易に構えとった訳です。

先日ワクチンを打ちに行った獣医さんからは、しこたま脅されて「旦那さんの指が無くなる前に考えた方が良いですよ」とか言われちゃうし(まぁこの獣医さんはかなりの心配性やね〜、くらいであまり気にもしなかったけど)、実際もう一匹のぽちちとは絶対に隔離して育てろと言われて、離ればなれにしてあるけど、ずっとこのままなんて生活しずらいし、さてどうしたもんかと頭抱えとったとですよ。

んで、いろいろミニチュアブルテリアの事をネットであれこれ検索しとったら、ブルテリア専門の躾をしてくれるという人にヒットしました〜!!!

あんまし気性が激しいもんだから、1歳過ぎて手に負えなくなった飼い主さんが手放すケースも多いようで、「ブルテリアレスキュー」なる機関もあったりして「もっとちゃんとしなくっちゃ!」って凄く考えさせられた訳です。

早速連絡をしてみたら快くお返事を頂いて、昨日二人で小旅行と相成った訳ですわ。

大学なんて過去に2ヶ月ほど通った記憶があるくらいで、まるで別世界。
ここってキャンパス?!なんて言う余裕も無く、大汗かきながらケージを抱えてえっちらおっちら行きましたわ。

そんで約1時間半、他のわんことの遊びもかねて色々教えていただきました。

一番大事な「主従関係」の築き方のレクチャーを受けてほんの数十分。
な・な・なんと‥、暴れん坊のはるが借りてきた猫の用におとなしくなっちまいました(笑)。
さすがプロは違います!(あたりまえだす)。もうびっくりだす!

その方に聞くと、他の躾教室でも、ミニチュアブルテリアだと断られるケースもあるとかで、動物に詳しい方でも難しいらしいですわ。
ミニチュアブルテリアのホワイトはミニチュアブルテリアの中でもやんちゃな性格らしく、そのなかでもうちのはるは、いい感じに”えんやこらやんちゃ”らしい(爆)。

この時期で本当に良かったですねって言われちゃいました。
あと数ヶ月遅かったら、マジで骨折するくらい噛まれたり、縫うほどの怪我をしたかも‥‥なんて言葉も出たくらい(冷汗)。

だからって言ってそんなにややこしいことをした訳じゃないんですよ。
ほんの数十分ぎゅっと抱きしめていただけなんです(もちろんコツはあります)。
これも愛情だよね。(ただ人間のエゴで出来た愛情では正しい躾は出来ないんだなって学びました。)

そしたら本当におとなしくなって、目つきも変わって水も滴る超イケメン(あ〜いやいや、来たときからイケメンでした:笑)。

そしてスタンダードプードルのタイガ君(だったと思う)に遊んでもらってしっかり社会性も学ぶことが出来ました。

ところでプードルのスタンダードってめちゃでかいのにびっくりしましたよ。
初めて見たんだけど、もうじき1歳だけど26キロくらいあるって言ってましたっけ?
同じように毛をカットして、ちゃんと見た目はプードルなんだけど、でかい‥。
恐る恐る「ひょっとしてプードルですか?」って聞いちゃったもんね(笑)。

夕方また1時間、えっちらおっちらはるとの珍道中を終え、家に帰りついて相方に見せたら、はるの豹変ぶりにびっくりしてた。

1分だってじっとしてなかったのに、私の膝に上で腹出してじっとしてたり、口に中に指つっこんで歯茎のマッサージしても、されるがママの状態で、噛むことも吠えることもしないし。
で、ぽちちを連れてきて初めて一緒に遊ばしてみたのだ。

最初はぽちちがはるにガブッとやられて『ハイ!おしまい』なんてなるんじゃないかってヒヤヒヤしたけど、全くもって大丈夫でさ、お互いお尻を匂い合ってご挨拶して、戯れ合いはじめて、まだ社会性も無い赤ちゃん同士なんだけど、どうにかコミュニケーションを取ろうとしている感じがあって、なかなかいい雰囲気になりました。

そのあとからはるちゃんはとってもおりこうさんになりまして、おしっこはトイレでちゃんと出来るようになったし、私の腕も指も噛まれることも無くなったし、こんなに落ち着いた気分は久しぶりかも〜♪

昨日の七夕さまのお陰で、良いご縁が出来ました。

本当に求めれば必要な情報は手に入るし、素敵なご縁が出来るんだよね〜♪

2 件のコメント:

  1. いやー
    よかったよかった。
    かみ”癖”はダメなんですよねー。
     
    先日、友人の身内に不幸があって、
    帰省やなんやら忙しい間に3週間ダックスを預かりましたが、
    ちゃんと育てられていないから、
    社会性がないんですよー
     
    その他もいろいろ問題があるんですが、
    さすがに9歳ともなれば、
    どうしようもなく、
    こちらがイライラして怒らないようにだけは気をつけたのですが、ようやくいい感じになったと思ったらお帰りになりました。
     
    一度子犬の頃からちゃんと躾けてみたいもんです。

    返信削除
  2. >masuさま

    何気に心配していただいて、とっても嬉しかったです(笑)。

    でも9歳で社会性無いっちゅうのは辛いですね。
    それに3週間って長くないですか?

    いろいろな躾の仕方を見ると、しかっちゃダメってあるけど、イラッとすると口より手が先に出ちゃいそうになるので、ヤバいっす。

    パピーと一緒に暮らすのも、なかなかいいもんですよ〜♪

    わんこも人間も社会性を身につけることは大事なことだなと、あらためて思いますです。

    返信削除