2012年4月6日金曜日

はるのあらし

日本全国を吹き荒れた春の嵐はいまだにずるずるといろんなものを引こずりまわしとりますが、我家にも大嵐がやってきました。

まずはねーねーの腕に出来た腫瘍を取る手術して(良性でした)、そのあとかぁちゃんがぎっくり腰やって(もう大丈夫)、はるちんがののの耳に噛みついて(これもただ今治療中で、エリザベスのお世話になってます)、トイレの便座の温熱が調子悪くて座ったとたんに心臓がキューってなって‥そしてどっかん!事件は起こった(涙)。

明日、春休みで帰ってきてたねーねーを大川村に送っていくんだけど、今回付き添うのはぽちちとののだけ。

のの「まえがみえましぇ〜ん」
ぽちち「マンダムなぼくはいつもとかわりないのさ」


実は、はるちんはというと、ただ今入院中なのだ。

事の起こりはちょっとした油断。
まったくかぁちゃんもとぅちゃんも飼い主失格の事態を招いてしまいました(大大大反省)。

実は最近、食べても食べても痩せていくはるちんは夜になるとイライラしとりました。
かかりつけの先生に相談しても相手にしてくれず、どう見ても骨皮筋右衛門(ほねかわすじえもん)なのに、「このくらいならまだ平気」とかなんとか言っちゃって、高いフードや乳酸菌のサプリメントを勧めるだけ。
検査をお願いしても「検査料も高いし、もう少し様子見ましょ」しか言ってくれない。
どー見たっておかしかろーもん!!!ってきりきりしとったら、あっちゅ間に10、4キロまで体重が落ちちゃった。

そんな3月終わりの土曜日の夜、大好きなたまごちゃんと遊んでいたはるちんを監視しつつ家族でテレビを見とりました。

珍しくおとなしいはるちん。
よくみると「ごちそうさま」の時みたいに怪しい口元をしていて、おかしいって思った時は既に手遅れで、本当にごちそうさましてました(冷汗)。

血の気が引くってこういう事ね(泣)。

んで、かかりつけの先生に電話したら速攻で腹切りしかないって言うもんだから、なるべくカラダの負担にならない方法を考えてくれる先生を探して、受診してみた。

薬使って嘔吐を引き起こしたら見事に吐いた!!!っと思ったらそのまままた飲み込んじまった(汗)。

強情というか食い意地がはっとるっていうか‥。

そのとき痩せ続けてる事も話したら、やっと「それはおかしい」って言ってくれて、原因を探る為に血液検査やらエコーやらいろんな検査もしてくれたんだけど、特別な異常は認められなくて、あとはお腹の組織を取って検査するしか方法が無いって言われちゃった。

んで、2日に分けて吐き出す処置をチャレンジしたけどまったくダメで、結局内視鏡とかその他すぐに対応可能な設備が揃ってる病院を紹介してもらって駆け込んで診てもらったけれど、たまごちゃんも頑張って胃に居座り続け内視鏡では取れず、結局開腹手術になってしまいました。

ほんの少しの油断が招いた事だけど、防ごうと思えば防げたはず。
はるちんをこんなに辛い目に遭わせてしまって、本当にめちゃくちゃ凹みました。
後悔しても仕方ないんだけど、もう後悔ばっかり‥。
もうほんと、生きた心地がしなかったよ。
でもはるちんの実家に連絡した時、あったかい言葉かけてもらって、すごく励まされて本当に嬉しかった〜(泣)。

そして、このたまごちゃん事件がきっかけで、手術してくれた先生が痩せる原因かもしれない異常を2カ所見つけてくれました。

まだ組織検査の結果は出ていないけど、手術後2日目のはるちんはいつもの力強い声に戻ってきて、今日面会に行ったら大声で文句言ってくれたのがかぁちゃんは本当に嬉しかったよ。


だいぶ元気になったよ。


はるちんの取扱説明書(笑)



12日が3歳の誕生日だから、出来ればお家でお祝いしたいので、それまでに退院できる事を願うばかりなのだ。

かなり気をつけていても絶対に大丈夫って言えないんだって、あらためて思ったし、思い込みの油断って本当に怖いなって今更だけど感じます。
これからはもっと気を引き締めとかんといかんです。

皆さんも気をつけてくださいね。

9 件のコメント:

  1. はるちん、心配ですね…
    たまごちゃんを吐いても食べるってすごい!
    そんな大物はるちんだから、すぐに元気になりますよ~
    お誕生日にお家に戻れるといいですね
    どうぞお大事になさってください~!

    返信削除
  2. みちるさん、お疲れ様でした。中々パソコンから見れなくて(T.T)
    色々あって、大変だったね・・・
    3匹育ててるんだもの。完璧は無理だよ。。。どこかしら気を抜いてないと育てられないし。
    はるちん、そんなに痩せてきてるなんて。。。でも原因が少しでも解明されてきてることを願っています。
    そして、たまごちゃんも無事取り出せて、元気が出てきて本当によかった。 ブルテリアは何歳になっても侮れないね。 性格的な問題もあるかもしれないけれど(笑) ロッキーもはるちんと同じくらいの歳に、タバコ食べるし、植物の土食べるし、布まるごと飲み込んだりしてグッタリし始めて、胃洗浄4回くらいしたわ(・・;)やはり飼い主の、甘い考えからですね。 今は、年齢のせいか、興味が湧くものと湧かないものがハッキリしてきたので落ち着いてきたけれど。
    噛んだり、イライラしたりするとき、何か異常があって自分で処理できない感情になってしまう場合もあるから、みちるしゃんも、辛いと思うけど、はるちんが戻ってきたらいっぱい褒めてねぇ♪ 長文ごめんなさい・・・

    返信削除
  3. コウメママ2012年4月7日 17:48

    入院、長期戦になりそうやね。気を使って、心配しすぎて、
    ちるしゃんのほうが、病気せんよに・・・私らに対しても、
    「申し訳ない」とか、「飼い主失格」とか・・思わんでも
    いいよ。 だれでも、ありうる事だもん・・失敗は、成功
    のもとやんけん、こんどは、はるちんの方から、お礼言って
    くるよ。「病院、つれてってくれて、ありがとう!!」「早めの治療で、大事に至らなくてよかった」・・って!!

    いつも、愛情たっぷり注いでくれて、こちらこそ、ありがと
    う!!・・感謝してます。

    返信削除
  4. このコメントは投稿者によって削除されました。

    返信削除
  5. >りぃちゃさん

    心配かけてごめんね。
    ロッキーにぃちゃんもいろいろあったのね〜。
    でも胃洗浄で出て良かったね。
    はるちんの口からちらっとたまごちゃんが見えた瞬間、「やったー!」って思ったのに、また飲み込んじまうなんて、もうガックしきましたわ(汗)。

    まぁでも一緒に暮らす中でいろんなことが起こるのは想像してたけど、今回のような事はこれが最初で最後にしようと心に誓っただよ。

    はるは悪くないんだから、もちろんいっぱい褒めまくろうと思ってま〜す♪

    返信削除
  6. >コウメママさん

    プチしゃんホントにありがとう。
    もう後ろは見ないで頑張るからね。

    今日ひづきを送りに大川に行ってたから面会に行けなかったんだけど、途中病院に電話したら、流動食が始まるって言ってた。
    口輪は点滴のチューブを噛み切っちゃうとまずいからしばらくはずせないから、注射器にご飯を細かくして食べさせてくれるみたい。

    食いしん坊のはるの事だから大興奮したんじゃないかな?

    やっぱりはるがいないのって家の中が寒々しくて、ぽちちもののも落ち着かないんだわ。
    それぞれの心の中もぽっかり穴があいたみたいで、すーすーするよ。

    明日面会に行くけど、もっと元気になってると思う。
    また報告しますね。

    返信削除
  7. >もっちさん

    ありがとうございます。

    全くね、最初に吐き出した時また飲み込むなんて初めて見たって、獣医さんにも言われちゃいましたよ。
    すごーく珍しいらしいです(汗)。

    でも切る事になったのも意味があったから、結果オーライかなって思っています。

    ラーマちゃんが病気で入院とか手術の記事を読んだ時、自分と重ねて心痛かったけど、今回はるの術後の様子を見たとき、心痛いなんてもんじゃなかった(泣)
    当事者になって初めて、もっちさんの気持ち少しわかった気がします。
    ラーマちゃん、その後元気そうで良かった♪

    返信削除
  8. はるちん大変でしたね(>_<)
    せっかく出てきたのにまた食べちゃうなんて!ビックル&ガッカリでしたね。
    Rexも小さい頃に豚の耳のオヤツを詰まらせすごく苦しそうにしてやっと自分で吐いたと思ったらまた食べようとして取り上げようとした私の手を噛んだことありますよ・・・・
    きっと吐いてもまた食べようと思ってしまうんだと思います^_^;(ブルテリアってホントおバカさんなんですよね・・・そこが可愛くもあるんですけど)
    今回のことがきっかけで痩せてきている原因が調べてもらえたのは良かったですね。
    病院でのはるちんが元気そうで安心しました(^^♪
    まだ、しばらく大変だと思いますが頑張ってくださいね(^^ゞ

    返信削除
  9. >mikoさん

    お久しぶりです。
    ご心配いただきありがとうございます。

    口の外に完全に出てしまえば防げたんですけどね〜、ブツが見えて引っ張り出そうとした瞬間に飲み込んじゃって‥。今までも食べたらいけないものを取り出そうと口の中に手を入れて噛まれる事はありましたから、慣れてはいたけど、今回は間に合いませんでした(汗)。

    Rexくんも豚耳は取られたくなかったんだね〜。
    ブルテリアってほんと強情というかおばかちゃんというか‥(苦笑)。
    でも憎めない(笑)。

    今回の事は結果オーライで、かえって良かったと思っています。
    組織検査の結果がどう出るかはまだ分からないけど、何か異常があれば対処法も見つかるだろうし、せめてホネホネじゃないくらいには太ってもらわないと、体力無くって本人も辛いと思うし。

    今は一日も早く一緒に寝たいです♪

    返信削除